What's new!

直近開催のご案内

2019年

11月

26日

12月定例会開催

続きを読む

お知らせ

開催記録

2019年

10月

25日

第六十七回語録

続きを読む

2019年

10月

25日

第六十六回語録

続きを読む

2019年

9月

19日

第六十五回語録

続きを読む

第六十一回語録

日時:2019年4月12日(FRI)17時00分~20時30分

場所:神戸市中央区磯上通6-1-17

ウエンブレービル5階(colocoセミナースペース)

費用:参加費 1000円

定員:申し込み受付先着順 20名

いよいよ6年目に突入。今年は「さらに自分達の常識を疑え!~常にクリエイティブであれ!!~」という基本軸で、ご参加頂く皆様と気づきの共有と高め合いをしたいと思います。

では、今回もロコラボ始まります!

 


第一部:全体セッション “実録 あとラボ”

昨年12月定例会のきらきら企業で紹介をさせていただいた 加古川市にあるとんかつ専門店『きりしま』さんに実際に訪れてとんかつを食べてきた参加者が生の声をご披露。

今回は経営者である きりしま産業の中村理恵社長様にも初ご参加いただき、目の前で遠慮もなく言いたい放題発表いただきました。

 

代表的な感想。

・場所がわかりにくい。車で走っていくと大きな立て看板が見えてくるが そこがお店か?曲がるのか?の表示がない。

 (実際看板の前のお宅の呼び鈴を押した方もあるそうな。)

・お店の横に大きな駐車場があるが 果たしてそれがきりしまさんの駐車場なのか表示ないのでわかりづらい。

・席に着くと タブレットメニューを渡してくれるが 使いづらい。とんかつがなかなか出てこない!ご飯の大盛りも見つからず、結局店員さんにお願いした。

・とんかつといえばキャベツだが 少ない! せめて大盛りかおかわり自由にして!

などなど 辛口の声が出ましたが やはりとんかつ自体はとても美味しかったそうです。

また平日のお昼は近所の会社の方が自然と集まり ちょっとした社交場の役割にもなっているそうです。

 

やはり誰に、どんなサービス(幸せ)を提供するのか、そしてそれをどのように発信するのか、が大切のようですね。

参加者の感想

  • 社長の態度(姿勢)が素敵すぎてファンになります。
  • HPは出会い方をデザインする。トンカツは高い。高いからこそ行く人もいる。
  • きりしまさんの皆さんのレポートを聞いてなるほど・・・な事多し。きりしまさんを通じてなんとなく日々過ごしている事の中に大事なそして、営業の良し悪しに通じる物が隠れている事にも気づきました。また普通に調理器具として瓦が欲しいです。
  • リアルな三種三様のきりしまさん話が面白かったです。
  • 自分は役に立ちたいと思っているクライアントさんのお役に立てているか、柔軟なオペレーションをできているかなど、身につまされるものがありました。

第二部:業界からくり話「全米が泣いた!?感動の淡路島レポート」

先月 訪問させていただいた淡路島の3社を訪問した感想をお二人の学生がレポート。

 

3社ともどちらかというと斜陽産業ではありますが 直接お客様に接していること。万人受けするのではなく明確なターゲットに絞った戦略を立てておられる事。かつ新しいことに常にチャレンジする姿勢は 3社とも共通に感じたそうです。

 

お仕事中の訪問にもかかわらず 歓待をしていただいたことも感動の1つだったようです。

ムチャぶりにも関わらずしっかり準備して発表してくれたお二人さん、ありがとうございました。


参加者の感想

  • 一般ユーザとの繋がりは必要だし、興味があります。
  • 普通の人がプロに聞くのはハードルが高いけど企業として取り組んでくだされば、お互いに利益のあることだと思います。地域に根ざした商いは大変素晴らしく思いました。
  • 瓦やさん・ミハラオートさん、もう少しお話しを聞きたかった。
  • 北大阪の大地震・台風で瓦不足している事に対してのお店の考え方を聞いてみたかった。
  • 需要よりも生業の原点をそのままにチャレンジする姿勢が素晴らしいと思いました。

第三部:グループセッション『全世界を震撼させるイベントを考える』 ~ こんな淡路島ツアーなら行ってみたい!! ~

どんな淡路島ツアーだったら行きたくなるか? をグループに分かれて考えてもらいました。

4つのグループでわいわいガヤガヤと意見出し合って出てきた企画は

 

①淡路市までは開催しない!!  淡路島のかわらだけを持って各地を点々とするツアー

②サロンカーに乗って島一周ツアー!   ところどころで美味しいものをたべる

③淡路ミステリーツアー!  実は毎年ユダヤ系の人が訪れるスポット訪問。

④古民家修復ツアー!  みんなで壁を塗ったり農業体験したりして島内外の交流!

⑤淡路島TT(ツーリスト・トロフィー) 淡路島版バイクレース。

⑥ドローン撮影コンテストツアー  穴場を空から撮影してコンテスト。

⑦温泉めぐりツアー

⑧島脱出ゲーム     

⑨始まりのツアー ご夫婦になる予定の方が 11月22日にいざなぎ神宮にお参り。

           お神楽体験付き!

           2人乗り自転車でサイクリング、玉ねぎを一緒に植えて収穫体験。

           恋人の聖地で記念撮影!

⑩映画ロケ地 散策ツアー!  秘密の旅(他に知らせない!)

               地元の人しか知らない穴場を発見! (琵琶湖体験付き)

 

ポイントは、①どういう人が参加すると良いか? ②参加した人にどのような変容がうまれるか? が明確になっているかですね。

第四部:懇親会

お腹ぺこぺこになってからの懇親会。淡路島から駆けつけて頂いたミハラオートの塩濱社長様の乾杯からスタートしました。

楽しいひと時でした。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 


次回は5月17日(金)開催です!!

「ロコラボとは」ロコラボ初参加者用の説明資料です。
なんか楽しそうなのでロコラボに興味はあるけれど、まだ参加出来ていない、という方はこちらをご覧下さい。ロコラボの理念などを感じて頂けると思います。

ロコラボでは初回参加者の方にも理念を理解して頂く為に、こちらの資料を使って毎回冒頭の数分を使って説明を行います。仲間と共に創造する「共創」、仲間と共に育む「共育」の理念をファシリテーターが実例を交えて説明しております。

ロコラボ参加に興味はあるが、なかなか思い切れない方は一度資料に目を通していただき、共感出来そうならば是非ご参加下さいませ。
20190118ロコラボ説明資料 .pdf
PDFファイル 746.9 KB