What's new!

直近開催のご案内

2018年

1月

24日

2月定例会開催

続きを読む

おしらせ

過去レポート

2018年

1月

20日

第四十六回語録

続きを読む

2017年

12月

19日

第四十五回語録

続きを読む

2017年

11月

19日

第四十四回語録

続きを読む

2017年

10月

17日

第四十三回語録

続きを読む

2017年

9月

17日

第四十二回語録

続きを読む

第七回語録

第七回開催日:2014年10月17日(金)

 

第一部

参加者全員によるフリーセッション

分科会への布石を創るために、アイデアの「共育」を行いました。

<ファシリテーター>

有限会社バックステージ 河合義徳様

 

第二部

参加者全員による30秒スピーチ

1年後の自分がどうなっていたいかをこの場でコミットメントしていただきました。

それを実現する為に足りないものを発表して頂き、手伝える人にはその場で手をあげていただきました。ご参加者同士であらたな自分を「共創」できる場を作りました!

 

(ご参考:開催時のご案内文

第一部:全員参加型のフリートークセッション

過去に出て来た「子育て」「教育」「高齢者」「淡路活性化」などのキーワードをもとに、参加者が興味のあるテーマでグループを作り、ビジネスアイデアを話し合い分科会への布石を作りました。その後各班の代表者に発表頂きました。


外国人をターゲットにした観光情報仲介業 観光チーム

  • ターゲットは外国人。
  • 日本のマーケットが今後年々縮小する中で外国人の呼び込みは必須。
  • 実際大阪の観光地である大阪城、黒門市場などは外国人客でにぎわっており、特に黒門市場は外国人が3~4割をしめる。
  • 外国人が得ている情報先はガイドブックや観光協会などたくさんあるが、観光スポットなどの均一的な情報を紹介しているサイトなどが多く、細かい情報まで紹介しているサイトは少ない。
  • 情報の質も地元の日本人がローカルで有名な店舗などはまだまだ外国人にも浸透しておらず、またそういった店などが外国人を集客出来ていないのが現状。
  • そこでサービスの内容は、外国人の方が日本にきたいと思ったときに、まずはじめにアクセスするような観光情報仲介ヘルプデスク
  • ガイドブックに載っていない日本のローカルの情報や、宿泊施設の情報を提供。
  • 外国人の方からは情報紹介料を頂き、日本の施設店舗からは掲載料を頂く。
  • 外国人が取っている日本の観光情報と日本人が知っているローカルの情報の格差、ギャップを埋めるビジネス。
観光チーム 高橋氏
観光チーム 高橋氏
淡路島チーム 納氏
淡路島チーム 納氏

 

漁師さんなどの生産者の方をターゲットにした情報広告業 淡路島活性化チーム

  • ターゲットは農家さん漁師さんなどの生産者
  • 漁師さんなどがとった魚などを写真撮影し、webサイトにアップ。
  • 魚などの写真とあわせてその魚を活かした料理などのコンテンツを掲載。
  • コンテンツ作成は時間に余裕のある主婦に方や高齢者の方にやってもらう。
  • 生産者の方は写真を撮る手間は増えるが、収穫のあった瞬間から販売が可能になる。
  • 漁師さんなど生産者からは情報広告料としてお金をもらい、利用者からは通販などでお金をもらうモデル。
子育てチーム 田中氏
子育てチーム 田中氏
その他チーム 田中氏
その他チーム 田中氏

生きていく力を学ぶ塾  子育てチーム

  • ターゲットは子育て世代のファミリー
  • よりよい子育てを目指す為に子供とともに親も教育出来る新しい教育ビジネス。
  • 小中高で習うような既存の教育は学校に任せておく。
  • 現在の教育ではお金についての教育は行われない。
  • なので当然、商品代金には販売者の利益、製造の原価などが含まれていてなどお金商売に対しての知識が無い。
  • そのような知識を教育業として教えてあげることがサービスの一つ。
  • またこれからの時代では今世の中にある仕事の半分が世の中からなくなり、新しい仕事が半分増えてくると思う。
  • そのような時代なのでロコラボのように数人の人間でディスカッションして、新しいビジネスを考え創造していく場を創る。
  • それを教えるのではなくワークショップのようなイメージで導いてあげ、法律に触れたり間違った報告に行かないように軌道修正役を行ってあげるサービス。

その他チーム

  • 田舎の無い子供たちを持ってる家庭をターゲット。
  • 都会の子供たち、田舎の無い家庭に、田舎の疑似体験をさせる事業。

今回のアイデアをもとに今後はロコラボとは別に分科会予備として、12月に中間発表、3月に正式に分科会として継続するか判断という流れで進めていきます。

ロコラボビジネスアイデア集
過去のロコラボグループセッションで出たビジネスアイデア集です。
グループセッションアイデア集.pdf
PDFファイル 146.5 KB

今回発足した分科会予備チーム

観光チーム:高橋様、吉良様、吉本様

子育て(共育)チーム:徳田様、高木様、徳様、森様、河合様、赤松様

淡路島チーム:的場様、島田様、納様

第二部:参加者全員による30秒スピーチ

1年後の自分がどうなっていたいかをこの場でコミットメントして頂きました。

それを実現する為に足りないものを発表して頂き、手伝える人にはその場で手をあげて頂きました。懇親会などで具体的なコラボのお話を進めて頂き、ご参加者同士であらたな自分を「共創」をして頂きました。


参加者全員の一年後の自分へのコミットはこちらです。

徳田様

空間ヒーリングアート、調和のある環境作りのアイテムを扱う仕事の普及。

 

田中様

wordpressというcmsで動くecプラグインのwoocommerceの普及。

現状100サイト程度なので3000~5000サイトの稼働できる環境作りを目指す。

ec系の仕事が出来て世界の商習慣が分かる人を捜している。

 

徳様

地域密着のコワーキングスペースを作りたい。ネットワークカメラを扱っているので街の安全に寄与したい。協力して頂ける方、仲間を捜している。

 

廣田様

web制作会社で制作のディレクションをしているが、今後は運用の方をしていきたいと思っている。ビッグデータなどを扱って分析をしている人を捜している

 

森様

アートセラピーの更なる普及。アートセラピーを体験したい成人男性を捜している

 

高木様

映像を作るのに凝っていて、映像に音楽と言葉を足して子育てやコマーシャルに活かしたい。言葉の表現力の豊かな方、思いの強い人を捜している。

 

藤岡様

ITを使った経営コンサルティングをしているので同業の方とIT経営コンサルタントを育成する団体を作る。団体の案内告知得意な方捜している。

 

作原様

薬を使わない鬱の治療を行う診療所を神戸で作りたい。

 

田中様

コワーキングスペースの会員を安定して50名越えに持っていきたい。またビルのテナントが空いているので埋めたい。集客手伝ってくれる人を捜している。

 

 

大垣様

田舎活性化の一端として農産物のネットオークションを始めたい。

 

赤松様

個人事業主向けの消費者法のコンサルティングをしているので人気講師が目標。

 

納様

営業職だが経営者とのトップ面談に苦手意識があるので克服したい。多くの経営者の方を接点を持ちたい。

 

森下様

空き家管理ビジネスのクライアント100件にしたい。

空き家情報があれば教えてほしい。

 

河合様

小規模事業者向けのsms型のショッピング機能がついている仕組みを作りたい。

作れる技術者捜している。

 

吉良様

こどもジャーナルというNPO法人を維持する為の商業的な情報提供の部分と、本来やりたい、子供の虐待やネグレクトに対する正しい教育、との融合を行いたい。

的確なアドバイスをくれる人を捜している。

 

高橋様

会社のスタッフの育成を加速させたい。

スタッフにwebセミナーさせてくれる場を捜している。

 

島田様

仕事で人前で話す事が多くなっているので場数を増やしたい。

人に伝える為の話術に長けた人捜している。

 

的場様

店舗の混雑状況が分かる自社システムを使って食材の廃棄などを無くしていきたい。スーパーのタイムセール時に町中サーチでクーポン発行して店舗集客と食材の無駄をなくすことを目指したい。営業をしてくれる人捜している。

 

今回参加出来なかった方の中で、この人の仕事に協力出来そう、この仕事に共感したので話を聞きたい、などご希望があれば事務局までお問い合わせ下さい。

ご連絡フォーム

メモ: * は入力必須項目です

第三部:懇親会

今回の懇親会も非常に盛り上がりました。


今後も継続して開催します!!

ロコラボ初参加者用の説明資料です。
なんか楽しそうなのでロコラボに興味はあるけれど、まだ参加出来ていない、という方はこちらをご覧下さい。ロコラボの理念などを感じて頂けると思います。

ロコラボでは初回参加者の方にも理念を理解して頂く為に、こちらの資料を使って毎回冒頭の数分を使って説明を行います。仲間と共に創造する「共創」、仲間と共に育む「共育」の理念をファシリテーターが実例を交えて説明しております。

ロコラボ参加に興味はあるが、なかなか思い切れない方は一度資料に目を通していただき、共感出来そうならば是非ご参加下さいませ。
201401017ロコラボ説明資料.pptx
Microsoft Power Point プレゼンテーション 1.2 MB